• トップ /
  • インプラントの治療の選択

インプラントの向上

インプラントの内容について

インプラント治療の痛み

インプラント治療をする時には、歯を抜く時などに使用される局所麻酔を使います。麻酔医がいるところでは静脈内鎮静法を使うので、手術にかかる時間が長くなってしまった場合でも安心して楽に手術を受けられます。そのため、痛みを手術中に感じることはないと言い切れます。麻酔は一定の時間しか効果がないため、手術後は鎮痛薬を服用することになります。インプラント治療後の痛みは人によって違いますが、何回か鎮痛薬を服用すれば痛みは治まっていきます。

インプラントができるかどうか

歯がなくなってしまったときには、入れ歯を製作するか、インプラントにするかといった選択肢がありえます。それぞれにメリットとデメリットがあり、生活環境や定期的な手入れやメンテナンス、価格といったことが選択するための判断材料となるかと思います。それ以外に、歯茎に義歯を埋め込む施術となるため、歯茎が弱っていたり骨に問題がある場合にはインプラントを希望しても難しいこともあるため、通院している歯科医の方から話を聞くことも大切です。

↑PAGE TOP